学術論文

著書、学術論文等
の名称
A 'Standards-Based' Solution to the Problem of Externalities When Enforcement Is Imperfect
種 別
発 行 1999年
発行所、発表雑誌等
又は発表学会等の名称
Discussion Paper in Economics and Business, Osaka University, 99-16.
概 要 これまでの環境経済学では、経済的手法は効率的で、直接規制は非効率であるという暗黙の前提が存在していたが、それは企業が規制を完全に遵守するよう執行されるという仮定に基づいている。もしも規制の執行が不完全であれば、ある条件のもと環境税などの経済的手法と直接規制は理論的に同一のものとなる。本論文はこの定理を用いて、直接規制が常に社会的に最適な結果をもたらすような規制メカニズムを提案する。
CLOSE